Programming Field

DOS コマンド一覧

| (パイプ)

この記号の左側で指定したコマンドが出力した内容を、右側で指定したコマンドの入力にします。

構文

<command1> | <command2>

解説

パイプを利用すると、1つ目のコマンドで出力した内容を2つ目のコマンドの入力にして1行で実行することができるため、自前で一時ファイルを指定したりする必要がなくなります。

[MS-DOS のみ] パイプを使う場合環境変数「TEMP」が指定されている必要があります。

[Windows NT系] [拡張機能] Callでバッチファイル内のラベルを呼び出す場合、そのCallの出力をパイプで送ることはできません(出力リダイレクトでファイルに出力することは可能です)。

サンプル1
type C:\config.sys | more

C:\config.sys をTypeコマンドで出力しますが、 Moreコマンドで1画面ごとに出力させます。

サンプル2
echo Y | del "%TEMP%\*.*"

TEMPディレクトリの中のファイル(ディレクトリを除く)をDelコマンドで削除しますが、"*.*" のように指定すると必ず削除するかどうか尋ねられるので、いつでも「はい」(Y) にしたいとき、Echoコマンドで Y を出力させ、それを「 | 」で応答として与えます。