Programming Field

Windows レジストリ 解剖記

このページでは、Windowsのレジストリの細かい部分(?)について今までに調べたことを書いています。このページは、随時更新されます。

このページではWindowsのレジストリについて扱っています。Windowsの重要な設定も含まれているため、レジストリに対する操作は慎重に行ってください。レジストリの操作にあまり慣れていないときは事前のバックアップを強く推奨します。また、不用意にいろいろなデータを削除するとWindowsが起動しなくなる原因となります。なお、このページで生じた問題の責任は負いかねます。

目次

最終更新日: 2012/01/23

このページでの記述方法について

レジストリの「キー」は、レジストリ エディタでは左側の項目、「値」は右側の項目にあるデータのことを指します。

レジストリのキーと値は、以下のように表記します。

key-name」はキーの名前ですが、その横の「<default-value>」は、レジストリ エディタで言えば「(標準)」となっている値の内容です(このページでは「既定の値」と呼びます)。

キーか値かは、名前の先頭に「(val)」が付いているかどうかで判断してください。例えば、「sub-key-name1」はキーですが、「(val) value-name」は値を表しています。

また、<value>の前の文字は、値の種類を表します。文字と値の種類は以下の通りです。

接頭辞 API上の種類 種類
(なし) REG_SZ, REG_EXPAND_SZ 文字列 (% が入っていれば「拡張可能な文字列」(REG_EXPAND_SZ) )
d REG_DWORD DWORD 値 (数値)
b REG_BINARY バイナリ(binary) 値

※ このページでは文字列の値はすべて「" "」で括っています。レジストリ エディタで文字列の値を書き込むとき、「先頭と末尾」の「"」は取り除いてください(中のものはそのまま)。

なお、「任意のデータを入力する」という意味で「<data>」と、「< >」で括っていることがあります。このときも、例えば文字列を入れる際は、「< >」も含めてまるごと任意のデータに、「" "」付きで置き換えて読んでください。例として、「<default-value>」を「"MyData"」と置き換えます。

(ちなみに、「(標準)」の値は、レジストリ エディタでは文字列だけですが、レジストリを登録するファイルでこの値を「DWORD 値」や「バイナリ値」にすることは可能です。)